用途によって印鑑を使い分ける

  • RSS

印鑑はたまにしか使わないし安いので良いやと考える人、重要な時に使う印鑑は多少高くても良い物をと考える人、様々な考え方の人がいるでしょう。
家を購入したり、車を購入する際に実印が必要になり、初めて実印用の印鑑を作ったと言う方も多いのではないでしょうか?
実印として登録する印鑑には欠けている物や印影の大きさなど登録できない印鑑の条件がありますが、安い印鑑は登録できない、既製品の印鑑はダメなどという決まりは特にありません。

安く購入した大量生産されている印鑑でも、先に同じ印鑑を登録している人がいなければ実印として登録できるようです。
しかし、大量生産された印鑑を実印にするのはあまりに危険で、偽造され悪用される可能性が高くなってしまうので、避けた方良いと私は思います。
実印にする印鑑の書体が複雑な読みづらい字が多いのは偽装されたり悪用されたりしないようにと言う意味もあるのではないかと思います。
そう易々と偽造できるものではないとは思いますが、万が一のことを考え、多少料金が高くとも実印用に作った印鑑を使用した方が安心でしょう。

昔、印鑑と言えば地味なデザインのものが多く、あまり可愛いなと思う商品はありませんでしたが、最近はカラフルな物や柄が入った印鑑など、見ていて楽しくなるような商品もたくさん販売されています。
これから印鑑を購入しようと考えている人は自分の好みに合った素敵な印鑑を探してみてはいかかでしょうか?
そして、用途によって印鑑を使い分け、安心して使用できることが大切だと私は思います。



~ 注目WEBサイト ~

〔存在感のある「筆文字名刺」〕

自分だけのために創作書家がデザインしてくれる筆文字名刺。
独特の雰囲気と力強さが手にした人にインパクトを与えます。
普通では物足りない、オリジナルティを出したい方にはお勧めです。

詳細は名刺やショップカードの作成、印刷のSPEED名刺館から

このページの先頭へ